パーマな日々

"思考が死んでしまう"その前に。

四季があるということ。

冬が好きです。でも南国に住みたいです。

 

見出し意味不明ですね。笑

 

 

いや、厳密にいうと”嫌いではない”って感じです。

気が付けば冬がもうそこまで来てます。雪が降ってきます。吹雪の中に身を置いてしばらーーく考え事をするのも好きです。←頭おかしいって言われます。

 

 

キタノは一応雪国で育ちました。

というより、四季がハッキリとしてるところで。だから冬の写真が結構あります。

桜が咲き、梅雨が来て、新緑があり、夏は暑く、紅葉が来て、落葉とともに雪が降り、雪景色が広がります。

ちなみに、雪つりが一番美しい地域と言われています。確か。

これ言うと地元がバレますけど笑

 

f:id:kitanopa-ma:20211125235534j:plain

どうです?兼六園、美しいでしょう?もう雪ないけど。

 

キタノが育った地域とは違いますけど、両親も雪国出身です。父はスキーが得

意で、小さい頃から仕込まれたおかげで、キタノもそこら辺の人よりは結構滑れます。

f:id:kitanopa-ma:20211126000957j:plain

スキー。どこのゲレンデか忘れた。

 

ただ、就職を機に地元から離れました。冬に雪がほとんど降らない地域。でも冬はちゃんと寒い。

これは苦痛でした、なんか寒い秋が続いているって感覚で全然慣れませんでした。

四季がある生活をしていたので、雪が降らないってのはなんだか違和感でした。

f:id:kitanopa-ma:20211126000807j:plain

近所はこういう景色でした。

 

雪国は大変です。車の運転は大変だし、雪かきあるし、吹雪になると前見えないし。車の仮免・卒検は大雪でした。年賀状の配達のバイトは元旦から雪道のわだちを自転車で走りました。もう一度言います、雪国の生活は決して楽ではないです。

 

でもそれが日本の魅力である”四季がある”だと思っています。

しかも日本でも”雪が降る”っていうのは限られた地域ですよね。

ちょっと縁があっていくつかの海外に行ったことがありますが、キタノが育った地域ほど四季がハッキリしてて、それぞれの顔が見れるのはそうないかなぁって思ってます。

あと、少々不便がある生活のほうが生きている感じがしますし、ちょっとのトラブルや困りごとも割り切れたりします。路線バスが遅れるとか靴びっちゃびちゃになるとか。もう普通になります。

 

 

そういう意味で、雪が降るのは結構好きだし、生活苦もある程度知ってるし、ゲレンデにも出向きますし。

しかし、だからこそ実際はできれば、こんな地域に住みたいって思っています↓↓

 

f:id:kitanopa-ma:20211126010814j:plain

2010年、石垣島にて。

 


一年のほとんどを、Tシャツと短パンで過ごしたい!!←どの口が言ってんだ!

 

時々南国リゾートに行ってくつろぐ人がいるように、キタノは時々雪国に行って冬を感じたい。

それは、曲がりなりにも雪国で育ち、いいとこ辛いとこ知ってるから。今はもうそれくらいでいい。

 

まぁ今のところ、南国に住む夢は叶っていませんが。どうしたらいいかなぁなんてよく考えてます。吹雪の中で南国のこと考えてみよかな。

 

ではまた。